Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 1133枚
INFO 2021年6月11日:登録写真が1,100枚になりました。 2021年4月30日:登録写真が1,000枚になりました。
BLOG

接岨湖の上を走る大井川鐵道のアプト式列車のフリー写真素材(無料)

【無料写真素材】接岨湖の上を走る大井川鐵道のアプト式列車

場所   : 静岡県 榛原郡

撮影年度 : 2003

サイズ  : 2000 x 1500 ピクセル

カメラ  : Canon PowerShot G3

レンズ  : -

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「接岨湖の上を走る大井川鐵道のアプト式列車」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「接岨湖の上を走る大井川鐵道のアプト式列車」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

日本一の急勾配を走る大井川鐵道のアプト式列車の写真です。こちらの「接岨湖の上を走る大井川鐵道のアプト式列車」の写真は無料で使えるフリー画像です。気に入りましたら是非お役立て下さい。また、この山岳鉄道・この南アルプスあぷとライン(井川線)について、少し紹介したいと思います。

 

おすすめ!

日本一の急勾配を走る大井川鐵道・南アルプスあぷとライン

大井川鐵道はSLでとても有名ですが、SLは走る区間の先の千頭駅から井川駅まで、南アルプスあぷとライン(正式名称:大井川鐵道井川線)が走っています。この南アルプスあぷとライン(井川線)は、日本で唯一のアプト式列車が運行しています。

もともとこの路線は大井川水系のダム建設のために作られました。1km進んで90m上る90‰(パーミル)という日本一の急勾配、関の沢橋梁という日本一の高さを誇る鉄道橋、写真に写っている接岨湖(せっそこ)やそこに浮かぶようにある奥大井湖上駅など見所が満載の山岳路線です。

 

うんちく!

アプト式機関車ってどんな列車?

大井川鐵道・南アルプスあぷとライン(井川線)はアプト式と呼ばれる方式を採用しており、ラックレールと呼ばれる歯形をずらして線路中央に設置してあります。ラックホイールピニンオンという歯車を装備し、設置されたラックレールを使用して走る機関車をアプト式機関車と呼びます。

大井川鐵道・南アルプスあぷとライン(井川線)では、日本の鉄道路線で最も急勾配といわれる区間を走るために、「アプトいちしろ駅」〜「長島ダム駅」間で、このアプト式列車機関車を連結させて上り下りをします。

 

おすすめ!

接岨湖や奥大井湖上駅

写真に写っているのは接岨湖(せっそこ)と呼ばれ、長島ダムの建設に伴って誕生したダム湖です。大井川鐵道・南アルプスあぷとライン(井川線)はそのダム湖の上を通過します。また、この写真の左側には突き出た半島の上にある奥大井湖上駅という駅があり、まるで湖に浮かんでいるかのように見える不思議な景観が楽しめます。

 

場所!

写真を撮影した場所はこちらです

車で行っても素晴らしい景観が楽しめるエリアですが、是非アプト式列車に乗って山岳鉄道を満喫してくださいね!

<行きたいエリアのおすすめ観光スポットが探しやすい!>
観光スポット約25,000件!楽天たびノート
<安心のバスツアーでいい想い出をたくさん作ろう!>
ミステリーツアーなど人気ツアー満載!クラブツーリズムのバスツアー

 

撮影ポイントマップ

このブログで写真を撮った場所をGoogle Mapにマッピングしました。ポイントをクリックするとURLが表示され、どんな写真が撮れる場所か詳細ページを見ることができます。

 

関連する写真素材

ページのトップへ戻る