Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 789枚
INFO 2020年12月14日:登録写真が700枚になりました。 2020年12月13日:モバイルのデザインを変更しました。
BLOG

鶴見川の川霧 ・雲に浮く新横浜の街のフリー画像(無料写真素材)

【無料写真素材】鶴見川の川霧 ・雲に浮く新横浜の街

場所   : 神奈川県 横浜市 港北区

撮影年度 : 2019

サイズ  : 2400 x 1800 ピクセル

カメラ  : ASUS ZenFone6

レンズ  : -

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「鶴見川の川霧 ・雲に浮く新横浜の街」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「鶴見川の川霧 ・雲に浮く新横浜の街」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

鶴見川の新横浜付近で見ることの出来る川霧です。土手の上までくるような川霧はなかなかありませんが、時々雲の上に浮くような新横浜の街が見ることができます。

この新横浜が浮いてうるように見える川霧が見れる場所を紹介したいと思います!また、こちらの「鶴見川の川霧 ・雲に浮く新横浜の街」の写真は無料で使えるフリー画像です。気に入りましたら是非お役立て下さい。

 

おすすめ!

川霧ってなに?

夜や朝に冷たい空気が川の水に触れてできる現象で、川の水温が気温より高い場合に発生します。川の上に湯気のような霧はとても幻想的な風景を見せてくれることがあります。

一般的には梅雨から初夏の早朝や夕方に出やすいと言われています。この霧は蒸気霧は寒暖差の激しい時期に出やすくなりますので、川のある場所によって異なります。

 

おすすめ!

鶴見川の川霧のシーズンは冬

鶴見川で川霧が見れるのは冬場の夜中か早朝が多いと思います。一気に気温が下がり、川の水との温度差がでるのが夜中からなのだと思います。

湯気のような川霧はどこでも見れる可能性はあるのですが、大規模な川霧は新横浜付近で見ることが出来ます。新横浜で川霧が出ていても、その上流や下流で川霧が出ていない場合が多いので、新横浜の水もあたりから温かい水が流れ込んでいるのだと思います。

 

いいね!

雲の上に浮いているような新横浜

それでも上の写真のように川の土手の高さを超える霧はめったに見れません。まるで雲の上に新横浜の街が浮いているようでした。

カメラはスマホしか持っていませんでしたががんばりました・・・。いろんなモードで何枚もとっておき、その中で一番良かったのが上の写真です。荒かったりブレていたりは仕方ないですが、かなりの暗さだったのでなんとか撮れていて嬉しかった1枚です。

 

場所!

写真を撮影した場所はこちらです

寒い日でも鶴見川の川霧は出るかどうか分かりませんが、見かけたときはその幻想的な風景を是非眺めてみて下さい!

<カメラを買うなら日本最大級の専門チェーンのカメラのキタムラ。>
カメラのキタムラ ネットショップ

 

撮影ポイントマップ

このブログで写真を撮った場所をGoogle Mapにマッピングしました。ポイントをクリックするとURLが表示され、どんな写真が撮れる場所か詳細ページを見ることができます。

 

関連する写真素材

ページのトップへ戻る