Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 1360枚
INFO 2021年9月1日:登録写真が1,300枚になりました。 2021年7月25日:登録写真が1,200枚になりました。
BLOG

2つ並んだラ・フランス(西洋なし)のフリー写真素材(無料)

【無料写真素材】2つ並んだラ・フランス(西洋なし)

場所   : -

撮影年度 : 2020

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : Canon EOS 5D MarkⅢ

レンズ  : Canon EF24-105mm F4L IS USM

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません
カテゴリー→ ブログ , フォト , 食べ物・料理

「2つ並んだラ・フランス(西洋なし)」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「2つ並んだラ・フランス(西洋なし)」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

フランスを代表する果物が由来のネーミングのラ・フランスですが、フランスではなんと作られていない果物でした。作られていない理由などをちょっとお教えしたいと思います。また、こちらの「2つ並んだラ・フランス(西洋なし)」の写真は無料で使えるフリー画像です。何かの際に是非お役立て下さい。

 

驚き!

本家のヨーロッパではほとんど栽培されていないラ・フランス

1903年に日本へ入ってきたラ・フランスは、食用ではなく受粉用でした。その後、日本では非常にポピュラーになったラ・フランスですが、フランスなどヨーロッパの本家ではなんと気候が合わずにほとんど栽培されていない品種というから驚きです。

このラ・フランスは、フランスを代表する果物という意味で日本がつけた独自の呼び名ですが、1900年代初頭、つまり日本へ入ってきてからすぐにフランスでは作られなくなってしまった果物なのです。

他の洋梨の品種に比べ、栽培期間が1ヶ月ほども長く、病気にも弱いため、手間もかかりすぎるとフランスでは栽培を諦めたとされています。また見た目の悪さも理由だったようです。

世界中を見渡してみても、ラ・フランスを作っているのは日本のみ!日本の農家が研究を重ねて栽培法を確立したものだったのです。

 

おすすめ!

ラ・フランスなどの洋梨は追熟しないと美味しくない

ラ・フランスなどの洋梨は木から収穫してすぐに食べてもまったく美味しくありません。

実は若い頃に洋梨の農場で働いていたことがあるのですが、クルマやトラクターで回っている時に木から実をもいで食べても、とても固く、甘みもなく、まったく美味しいものではありませんでした。(むしろ不味かったですがオヤツにたべていましたw)

日本では追熟の必要な果物が少ないため、作られた後に食べてみると、あまりの不味さに捨てられてしまったという逸話までもあるのです。

予冷・追熟には2〜3週間の時間がかかり、その間にデンプンが糖分に変わり、実もやわらかくなって美味しくなっていくのです。

通常は追熟させて出荷してくれるので、食べ頃の時期に食べれば美味しくいただけますけれどね!

毎年1つはラ・フランスを食べていますが、独特の食感と甘さが美味しいです!旬は11月頃でしょうか。食べたことがない人は是非食べてみて下さいね!

関連する写真素材

ページのトップへ戻る