Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 681枚
INFO 2020年10月11日:モバイルのデザインを変更しました。 2020年9月26日:登録写真が600枚になりました。
BLOG

恵比寿駅のえびす像のフリー写真素材(無料)

【無料写真素材】恵比寿駅のえびす像

場所   : 東京都 渋谷区

撮影年度 : 2020

サイズ  : 1600 x 2400 ピクセル

カメラ  : Fuji X-M1

レンズ  : Fuji XF23mm F2 R WR

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「恵比寿駅のえびす像」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「恵比寿駅のえびす像」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

恵比寿駅西口にあるえびす像を見たり、恵比寿駅ホームの発車メロディーを聞くと、恵比寿にビール工場があったことを思い出します。恵比寿駅はビール名が駅名になった珍しい駅だったんですね。そのことについて簡単に書いてみたいと思います。

またこちらの「恵比寿駅のえびす像」の写真は無料で使えるフリー画像です。気に入りましたら是非お役立て下さい。

 

うんちく!

待ち合わせ場所としても利用されるえびす像

恵比寿駅西口にある「えびす像」は1975年(昭和50年)に東京恵比寿ライオンズクラブが発注、彫刻家・木下繁氏によって製作されました。土台にあるえびす像の文字は三木武夫(第66代内閣総理大臣)の筆によるものです。

人通りが多い場所にはありますが、JR線からも地下鉄東京メトロからも近いので、恵比寿駅の待ち合わせスポットとしても利用されています

 

驚き!

民間会社のビールの名前が駅名になった恵比寿駅

恵比寿にはかつて日本麦酒酒造会社(現在のサッポロビール)の工場がありました。1887年(明治20年)に設立された会社でした。そこにドイツ人技師を招聘して醸造されたビールが「えびすビール」(当時の名称は恵比寿麦酒)。

1900年代には世界的な評価を獲得したえびすビールを出荷するために、工場の隣を走る山手線に1901年(明治34年)に作られた貨物駅が恵比寿駅でした。恵比寿駅はなんとビールの名前から駅名が付いたのです。

工場移転後は恵比寿ガーデンプレイスになりましたが、「えびすビール記念館」や「ビヤステーション」があるのはその名残なのです。

今ではお洒落な街として知られる恵比寿ですが、元々は工場の町だったので、がっつり定食系のお店も昔は多かったんですよ。

 

場所!

この写真を撮影した場所とクチコミ

JR山手線の恵比寿駅西口にえびす像があります。恵比寿駅のシンボルでもあり、ビール工場があった駅を思い出す像でもあります。

<東京の観光スポットを探すなら、楽天「たびノート」もおすすめです。>
楽天「たびノート」東京の観光スポット
<安心の国内バスツアーで想い出をたくさん作ろう。>
ミステリーツアーなど人気ツアー満載!クラブツーリズムのバスツアー

 

撮影ポイントマップ

このブログで写真を撮った場所をGoogle Mapにマッピングしました。ポイントをクリックするとURLが表示され、どんな写真が撮れる場所か詳細ページを見ることができます。

 

関連する写真素材

上野恩賜公園の小松宮彰仁親王像
ページのトップへ戻る