Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 601枚
INFO 2020年9月26日:登録写真が600枚になりました。
2020年9月17日:写真検索に加え、記事検索が出来るようになりました
2020年7月1日:検索が速度アップしました。
PHOTO

八角形の白く美しい剱埼灯台のフリー素材写真(無料)

【無料写真素材】八角形の白く美しい剱埼灯台

場所   : 神奈川県 三浦市

撮影年度 : 2020

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : Fuji X-T20

レンズ  : Sigma 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「八角形の白く美しい剱埼灯台」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「八角形の白く美しい剱埼灯台」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

 

うんちく!

八角形の白く美しい剱埼の灯台

神奈川県三浦市の南東端に位置する剱埼灯台は、江戸幕府がアメリカ・イギリス・フランス・オランダと建設を約束した8カ所の灯台の一つで、東京和の入口を照らし続けています。

 

おすすめ!

関東大震災で倒壊し、現在の灯台は2代目

灯台の父と呼ばれるリチャード・ブラントンが設計し、日本で7番目の洋式灯台として明治4年に初点灯しました。当初は石造りの灯台でしたが、関東大震災で倒壊してしまったため、大正15年に八角形のコンクリート造の灯台として2代目が再建されました。

 

へぇ!

房総半島などが眺められる

この剱埼灯台は、参観灯台ではないので灯台の上へあがることは出来ませんが、灯台の建っている場所は高台にあり、海の向こうに見える房総半島などを眺めることが出来る気持ちの良い場所です。灯台のある広場はとてものどかで、ここだけ時間の流れがゆったりとしています。

 

いいね!

海岸部に整備されている遊歩道も見ごたえあり

灯台の下は岩礁地帯になっており、関東ふれあいの道(首都圏自然歩道)神奈川県コース1番「三浦・岩礁のみち」という遊歩道も整備されています。遊歩道を使いずっと海岸を散策できるのも魅力なんですよ。

 

おすすめ!

駐車場

釣り客やBBQ客向けの鈴木商店剱崎有料駐車場という民間駐車場があります。とても広いので停めれないことはないと思いますが、夜間はやっていないようです。早朝は釣り客が多いのでやっていますが、明確にやっている時間はよく分かりません。

また、料金は釣りやBBQなどで1日停めると700円、1時間だと400円です。係員(おじさん)がいるタイプの駐車場なので、2時間でも400円で済んだとか、BBQのゴミ処理をしてもらうと1000円とか、その場で料金は聞いてみて下さい。また、3ナンバー車は駐車不可です。

 

おすすめ!

灯台の本「灯台はそそる」をご紹介

灯台女子で知られる不動まゆうさんの本を1冊ご紹介します。アクセスしやすく楽しめる灯台の紹介や、灯台の歴史や仕組みなど、灯台のことをもっと知ることが出来る一冊です。灯台が美しいと感じている人は、さらに灯台が楽しめるようになる一冊ですので、興味をもったら是非読んでみて下さい!

 

場所!

この写真を撮影した剱埼の灯台の場所とクチコミ

農道のような細い道を入って奥まった所にありますので、大型車で行くのは厳しいと思います。しかしその分、人の多い三浦半島なのに人を寄せ付けない雰囲気もあるので、そういう雰囲気が好きな方は楽しめると思います。

 

 

撮影ポイントマップ

このブログで写真を撮った場所をGoogle Mapにマッピングしました。ポイントをクリックするとURLが表示され、どんな写真が撮れる場所か詳細ページを見ることができます。

 


関連する写真素材

三浦半島の観音崎灯台
夕暮れ時の横浜・赤灯台
ページのトップへ戻る