Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 595枚
INFO 2020年9月17日:写真検索に加え、記事検索が出来るようになりました
2020年7月1日:検索が速度アップしました。
BLOG

徳島の廃墟カフェ大菩薩の建物の一部のフリー素材写真(無料)

【無料写真素材】徳島の廃墟カフェ大菩薩の建物の一部

場所   : 徳島県 阿南市

撮影年度 : 2018

サイズ  : 1600 x 2400 ピクセル

カメラ  : Fuji X-M1

レンズ  : Fuji XC16-50mm F3.5-5.6 OIS

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「徳島の廃墟カフェ大菩薩の建物の一部」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「徳島の廃墟カフェ大菩薩の建物の一部」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

徳島にある喫茶店・大菩薩峠は、セルフビルドで建てられたレンガの建物ですが、カフェや外観以外にも見ごたえのある所がたくさんあります。こちらもその一部で、玄関のような作りの場所になっています。丸ポストも妙にマッチしていますね。こちらの「徳島の廃墟カフェ大菩薩の建物の一部」の写真は無料で使えるフリー画像です。気に入りましたら是非お役立て下さい。

 

おすすめ!

徳島の廃墟カフェで知られた「大菩薩峠」の他の部分

徳島の喫茶店「大菩薩峠」は、セルフビルド建築で有名になった建物ですが、外観や喫茶店部分だけでなく、いろいろな部分がすごいです。

ご本人に聞いてないのでどこが何のためにあるのかよく分かりませんが、ここは部屋の玄関部分になっているんでしょうか?

赤い丸い郵便ポストもなぜだか妙にマッチしています、右の街灯がある部分の煉瓦の塔もなんだかかっちょいいですね。

 

驚愕!

煉瓦10万個を一人でくみ上げた建物

1966年に着工された大菩薩峠の建物は、一人の人がDIYで建築した建物です。その煉瓦の個数は10万個以上らしい!建物すべてが煉瓦積みでできており、煉瓦を焼く所から始めたと言うから驚きです。

 

裏話!

カフェは定休日でしたが、ご本人に会えました

ちょうどカフェがお休みの日に来たため、外観を見るだけにとどめる予定でしたが、上から颯爽と自転車で降りてきたのがこの建物のオーナーでした!

この建物を建て始めた時は20歳すぎだったそうですが、私が全部作ったからねというのが口癖の気の良いおじいさんになっていました。それだけの年月をかけてここを建てたのはやはりすごいですね。

定休日だけど中を見学させて欲しい事を伝えると、自由にみていいと言ってくれました。ご本人の許可を得て建物が見れるようになったのもうれしかったですが、いろいろ話も聞けて楽しかったです。

 

徳島の廃墟カフェ・大菩薩峠の場所

廃墟にしか見えない外観ですが、お店ではランチも楽しむことが出来ます。旅行で通りかかった時には是非お立ち寄りを。

 

 

撮影ポイントマップ

このブログで写真を撮った場所をGoogle Mapにマッピングしました。ポイントをクリックするとURLが表示され、どんな写真が撮れる場所か詳細ページを見ることができます。

 


関連する写真素材

箱根 堂ヶ島警告遊歩道の廃屋
ラピュタの世界を感じる徳島・大菩薩峠のレンガのアーチ
大菩薩嶺・唐松尾根から眺める富士山
港の見える丘公園のフランス領事館遺構
セルフビルドのカフェ・大菩薩峠
ページのトップへ戻る