Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 601枚
INFO 2020年9月26日:登録写真が600枚になりました。
2020年9月17日:写真検索に加え、記事検索が出来るようになりました
2020年7月1日:検索が速度アップしました。
BLOG

葉にとまるアゲハチョウ(ナミアゲハ)のフリー素材写真(無料)

【無料写真素材】葉にとまるアゲハチョウ(ナミアゲハ)

場所   :

撮影年度 : 2020

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : Canon EOS 40D

レンズ  : Tamron SP 70-300mm F4-5.6 Di VC A005

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「葉にとまるアゲハチョウ(ナミアゲハ)」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「葉にとまるアゲハチョウ(ナミアゲハ)」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

 

美しく優雅に舞うアゲハチョウ

ナミアゲハと呼ばれる最もメジャーなアゲハチョウの写真です。近所で見れる蝶の中では最も美しく優雅です。北海道から南西諸島までどこにでもいる蝶なので珍しい蝶ではないのですが、子供の頃に捕まえて一番うれしいのはこの蝶でした。

 

脚先の毛で味を感じながら産卵場所を探す

アゲハチョウ(ナミアゲハ)は、ミカン、ユズ、カラタチ、サンショウなどのミカン科の葉っぱに産卵をします。私の近所にはミカンやユズがあるため、アゲハチョウが木の回りを良く飛んでいます。

幼虫が食べる餌がミカン系の葉っぱに産卵をするのですが、アゲハチョウ(ナミアゲハ)は色や形や香りの他にも、脚先で葉の味を調べて幼虫が食べられるものか見分けます。

アゲハチョウ(ナミアゲハ)の前足には味を感じる毛が生えており、左右の足で交互葉を叩くドラミングという行為によって、葉に小さな傷をつけて味見をします。幼虫が食べれる葉なら産卵をするわけです。

ちなみに、写真のアゲハチョウがとまっている葉は柿なので、羽を休めているだけなら「ふぅ疲れた」、産卵場所を探しているのなら「これじゃない!」と言っているのかもしれませんね。

 

無農薬の柑橘農家を困らせる場合も

アゲハチョウ(ナミアゲハ)の卵が幼虫になり5cmほどまで成長すると、かなりの量の葉っぱを食べるようになります。しかし、近所のミカンとユズの木はとても大きいので、食べられてもまったく気になりません!

一番困っているのは無農薬の柑橘農家で、小さな苗木などがある場合のようです。新芽をムシャムシャと食べられてしまうと、ほとんど葉っぱがなくなってしまうので困った存在のようです。

大多数の農薬を使う農家は無農薬農家ほどアゲハチョウに苦労はしていません。今の農薬は持続効果も絶大なので、幼虫の存在すら忘れてしまうほどだそうです。また、大きな木になってしまえば、食べられてもあまり気にならないということもあるのでしょうね。

関連する写真素材

白バックで撮ったオオカマキリ
アブラゼミの交尾
南方系チョウチョ・ツマグロヒョウモンのオス
アブラゼミの羽化
木にとまったシオカラトンボのメス
横から見たアブラゼミ
ページのトップへ戻る