Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 603枚
INFO 2020年9月26日:登録写真が600枚になりました。
2020年9月17日:写真検索に加え、記事検索が出来るようになりました
2020年7月1日:検索が速度アップしました。
BLOG

支笏湖の夕焼のフリー素材写真(無料)

【無料写真素材】支笏湖の夕焼

場所   : 北海道 千歳市

撮影年度 : 1989

サイズ  : 2400 x 1602 ピクセル

カメラ  : Nikon FE または FA(ネガフィルム)

レンズ  : -

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「支笏湖の夕焼」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「支笏湖の夕焼」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

北海道千歳市にある支笏湖の写真です。1989年の古い写真なので、ネガポジ反転してデジタル化してあります。なので、画像は甘い感じですが、夕焼はとても綺麗だったのは覚えています。

 

北海道を代表する観光地のひとつ

支笏湖は火山の噴火によって出来た支笏カルデラに水がたまって出来た周囲40kmの湖です。支笏洞爺国立公園に位置し、アクセスのしやすく美しい風景が見れるため、多くの人が訪れる北海道を代表する観光地の一つです。

 

支笏湖は日本最北の不凍湖

最大水深が360m、平均水深も265mあり、秋田県の田沢湖に次いで日本で2番目に深い湖になります

この湖の深い部分には温かい水があり、水の対流で湖面の温度が下がりにくいため、冬でもほとんど凍らない日本最北端の不凍湖なのです。

 

支笏湖は透明度も高い

北海道で透明度が高いのは摩周湖が有名ですが、支笏湖も同程度の透明度があり、環境相の湖沼水質調査では何度も日本一に認定されています。

その透明度が分かる水中遊覧船もあるので、湖の中の様子が気になる方は一度乗ってみてはどうでしょうか?

 

アクセス抜群で行きやすい

千歳空港から車で40分、札幌からでも車で約60分ほどで行けるので、アクセスはとても良いです。大都市に近いことから、知床方面の湖と比べるとワイルドさは欠けますが、美しい湖は一見の価値ありです。

 

 

撮影ポイントマップ

このブログで写真を撮った場所をGoogle Mapにマッピングしました。ポイントをクリックするとURLが表示され、どんな写真が撮れる場所か詳細ページを見ることができます。

 


関連する写真素材

ターコイズブルーの湖面の小見野々ダム湖
シジミ漁が盛んな小川原湖
ボウ峠から見たターコイズブルーのペイトレイク
コバルトブルーの奥四万湖と四万ダム
蔵王のお釜
ターコイズブルーに輝いた屈斜路湖
ページのトップへ戻る