Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 603枚
INFO 2020年9月26日:登録写真が600枚になりました。
2020年9月17日:写真検索に加え、記事検索が出来るようになりました
2020年7月1日:検索が速度アップしました。
BLOG

長い期間お花が楽しめるムギワラギクのフリー素材写真(無料)

【無料写真素材】長い期間お花が楽しめるムギワラギク

場所   : 神奈川県

撮影年度 : 2020

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : Fuji X-T20

レンズ  : Fuji XF35mm F1.4 R

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「長い期間お花が楽しめるムギワラギク'」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「長い期間お花が楽しめるムギワラギク'」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

 

可愛らしい花が長い期間楽しめるムギワラギク

キク科ムギワラギク属のムギワラギク(ヘリクリサム/帝王貝細工)の写真です。原産はオーストラリアで、ドライフラワー用の花としても有名です。花だけ見ると想像しにくいですが、背丈が思いのほか高く80cmほどになりました。品種によっては草丈15cmや30cmのものもあるようです。

写真はピンクの花ですが、赤やオレンジなど様々な色があり、色々な花が咲き誇るとなかなか幸せな気分になってきます!花期は私の住む関東では、5月〜10月くらいです。

今年初めて実家で植えてみたムギワラギク(ヘリクリサム/帝王貝細工)ですが、驚くべきことは花期が長いこと!5月に入ってから咲き始め、いまだに可愛らしい姿で咲き誇っています。他の花はどんどん散っていくのに驚きました。

ムギワラギクは別名ヘリクサムともいいますが、ギリシア語のHELIOS(太陽)とCHRYSOS(黄金)が語源で、「黄金の輝き」という花言葉がついています。それ以外にも「永遠の思い出」「不滅の花」「記憶」の花言葉もあり、この長い花期に由来しているのです。

ちなみに帝王貝細工の別名もあり、ムギワラギクの花びらが固くカサカサしたているところから、貝細工に見立ててこの名前がついたと言われています。

 

ムギワラギク(ヘリクリサム/帝王貝細工)の種

ムギワラギクは、ヘリクリサムや帝王貝細工の名前でも種が売られています。普通の品種は80cm程の高さになります。可愛らしい姿を長い間楽しめる地植えも良いですが、切り花にしてお部屋へ持ってきたり、ドライフラワーにしても楽しめる花です。

 

ゆるふわ系の写真にも調整してみました

あまりゆるふわ系の写真にはしないのですが、色合いが可愛らしかったので、少しだけ明るめなゆるふわ系の別バリエーションを作ってみました。こちらも下のリンクからダウンロードできます。

ゆるふわ・ムギワラギクのフリー素材写真(無料)

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。

関連する写真素材

ピンク色のセンニチコウ(千日紅)
西方寺に咲く黄色い彼岸花 リコリス・オーレア
'西方寺のピンク色の彼岸花(リコリス)
西方寺の白い彼岸花(曼珠沙華)
ハスの花とハナバチ
西方寺で撮影した赤い彼岸花(曼珠沙華)の花
ページのトップへ戻る