Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> 商用無料で使えるフリー写真素材を掲載しながら、豆知識的なことや撮影場所の紹介をブログを書いています! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 2764枚
INFO 2022年1月25日:登録写真が2,700枚になりました。 2022年12月30日:登録写真が2,600枚になりました。
BLOG

恵比寿麦酒祭りの灯籠看板のフリー写真素材(無料画像)

【無料写真素材】恵比寿麦酒祭りの灯籠看板

場所   : 東京都 渋谷区

撮影年度 : 2019

サイズ  : 1600 x 2400 ピクセル

カメラ  : Fuji X-M1

レンズ  : Fuji XF35mm F1.4 R

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「恵比寿麦酒祭りの灯籠看板」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「恵比寿麦酒祭りの灯籠看板」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

はじめに

地面に置かれた恵比寿麦酒まつりの灯籠看板のようなあかりの写真(2019年)です。2019年までは恵比寿麦酒祭、2022年はヱビスビアホリデーとして開催されました。

こちらの「恵比寿麦酒祭りの灯籠看板」の写真は無料で使えるフリー写真素材です。何かの際に是非お役立て下さい。

 

吹き出し

2022年はヱビスビアホリデーとして復活

2009年からヱビスビール発祥の地・恵比寿ガーデンプレイスでサッポロビールが開催しているイベントが、恵比寿麦酒祭り(現:ヱビスビアホリデー)です。

2019年までは恵比寿麦酒祭、コロナで2年ほど開催されず、2022年はヱビスビアホリデーとして復活しました。

屋台で買った食べ物をおつまみに、美味しいビールを恵比須ガーデンプレイスの中央広場で飲めるビアフェスティバルです。

かつて一度だけ飲んだことがありますが、美味しくて楽しかったですよ。

 

吹き出し

恵比寿ガーデンプレイスはサッポロビールの工場だった

恵比寿麦酒祭り(現:ヱビスビアホリデー)がなぜ恵比寿ガーデンプレイスで行われるかというと、そこがかつて日本麦酒酒造会社(現在のサッポロビール)のビール工場からだったからです。

そのビール工場でドイツ人技師を招聘して醸造されたビールが「えびすビール」(当時の名称は恵比寿麦酒)。そんな歴史がヱビスビールのビアフェスティバルと繋がっているわけですね。

ちなみに恵比寿駅という駅名は、ビールの名前が由来なのは驚きですよね。

関連する写真素材

ページのトップへ戻る