Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 598枚
INFO 2020年9月17日:写真検索に加え、記事検索が出来るようになりました
2020年7月1日:検索が速度アップしました。
BLOG

母の日に贈る花(ガーベラ・カーネーションなど)のフリー写真素材

【無料写真素材】母の日に贈る花(ガーベラ・カーネーションなど)

場所   :

撮影年度 : 2020

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : Fuji X-T20

レンズ  : Fuji XF35mm F1.4 R

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

母の日にカーネーションを贈るようになったわけ

昨日は母の日でした。みなさん感謝の気持ちを込めて何か送りましたか?写真の花はカーネーション、ガーベラ、アジサイ、ミニバラなどが植えてありました。色合いが可愛いですね。

さて、母の日にカーネーションを贈る習慣はどうしてはじまったかご存じですか?母の日は1910年にウエストバージニア周ではじまり、アメリカ全土へと広がっていきました。

そして、アンナ・シャービスの「母親のための祝日」を設ける運動が広がり、1914年にウエストバージニア州で正式に母の日が制定されました。

アンナ・シャービスの母は、南北戦争で負傷兵のケアを献身的におこなっていた方で、偉大な母を想う気持ちが母の日の制定につながりました。

アンナ・シャービスは、教会での母の追悼の時に母の好きだった白いカーネーションを参加者に配っていたことから、白いカーネーションが母の日のシンボルになりました。

今では白いカーネーションから赤いカーネーションが定番になりました。これはアンナが、なくなった母へは白いカーネーション、存命の母へは赤いカーネーションを胸につけるように提案したのがきっかけのようです。

赤いカーネーションが一般的になったのは、花言葉によるものもあるようですが、そんな歴史から、白いカーネーションはなくなった母へ、赤いカーネーションは存命の母へ贈るという習慣になっていったのですね。

その後、母の日が商業化されて、内輪で祝うものから贈り物主体になると、母の日の商業化を嫌悪したアンナは不買運動などを展開したりしてしまうわけですが・・・。

カーネーションにこだわらずとも、母の日に何か感謝の気持ちを贈れたら素敵ですね。

「母の日に贈る花(ガーベラ・カーネーションなど)」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「母の日に贈る花(ガーベラ・カーネーションなど)」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

関連する写真素材

ピンク色のセンニチコウ(千日紅)
西方寺に咲く黄色い彼岸花 リコリス・オーレア
'西方寺のピンク色の彼岸花(リコリス)
西方寺の白い彼岸花(曼珠沙華)
ハスの花とハナバチ
西方寺で撮影した赤い彼岸花(曼珠沙華)の花
ページのトップへ戻る