Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 1496枚
INFO 2021年10月20日:登録写真が1,400枚になりました。 2021年9月1日:登録写真が1,300枚になりました。
BLOG

横から見た氷川丸と山下公園のフリー写真素材(無料)

【無料写真素材】夕暮れの氷川丸と山下公園

場所   : 神奈川県 横浜市

撮影年度 : 2018

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : Canon EOS 5D MarkⅢ

レンズ  : Canon EF24mm F2.8 IS USM

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「夕暮れの氷川丸と山下公園」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「夕暮れの氷川丸と山下公園」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

はじめに

夕暮れ時の氷川丸と山下公園の写真素材です。30年前に同じ場所から撮影した氷川丸や山下公園があったので、どのように変わったか並べてみました!どう街が変わったか比べてみてくださいね!

また、こちらの「夕暮れの氷川丸と山下公園」の写真は無料で使えるフリー写真素材です。気に入りましたら是非お役立て下さい。

 

おすすめ!

30年前の写真と比較!氷川丸とマリンタワーと山下公園

大桟橋前を走る船の上から撮った夕陽をあびている氷川丸と山下公園です。大桟橋付近から見る風景としては、赤れんが方面が派手で賑わいがあるため、山下公園側の風景は地味に感じますが、私の世代ではこの氷川丸・山下公園・マリンタワーがある風景がとてもしっくり来るのです。

こちら2018年と1983年の写真比較です。氷川丸やマリンタワーの色は違いますが、大きな建物もそれほど増えておらず雰囲気はまったく変わっていませんね!

この氷川丸とマリンタワーは、以前は氷川丸マリンタワーという所が運営していました。しかし利用者減などにより2006年12月に終了。氷川丸は元の持ち主である日本郵船に、マリンタワーは横浜市に譲渡されました。

氷川丸は、2008年に氷川丸は日本郵船のもとリニューアルオープン、2016年に重要文化財に指定されました。現在はコロナにより一時休館していますが、船内ガイドツアーやオープンデッキを開催しています。

一方マリンタワーは、2009年にマリンタワー再生事業に基づいて横浜市が回収し、リニューアルオープン。その後2019年3月に改修工事のため全館を一時休館しています。2022年3月までの休館予定です。

どちらも歴史ある、横浜のシンボル。ちょっとノスタルジックなこの風景がいつまでも眺められると良いですね。

 

おすすめ!

氷川丸のホームページ

 

おすすめ!

マリンタワーのホームページ

 

場所!

この写真を撮影は大桟橋からです

大桟橋から眺める氷川丸や山下公園は、昔ながらの横浜を感じることができます。今は大桟橋自体も楽しめるので、機会があれば是非一度たずねてみてくださいね。

<神奈川の観光スポットを探すなら、楽天「たびノート」もおすすめです。>
楽天「たびノート」神奈川の観光スポット
<安心の国内バスツアーで想い出をたくさん作ろう。>
ミステリーツアーなど人気ツアー満載!クラブツーリズムのバスツアー

 

撮影ポイントマップ

このブログで写真を撮った場所をGoogle Mapにマッピングしました。ポイントをクリックするとURLが表示され、どんな写真が撮れる場所か詳細ページを見ることができます。

 

関連する写真素材

ページのトップへ戻る