Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 596枚
INFO 2020年9月17日:写真検索に加え、記事検索が出来るようになりました
2020年7月1日:検索が速度アップしました。
BLOG

22km以上続く白い砂浜のケーブルビーチのフリー写真素材

【無料写真素材】22km以上続く白い砂浜のケーブルビーチ

場所   : オーストラリア

撮影年度 : 1994

サイズ  : 2000 x 1349 ピクセル

カメラ  : Nikon FE または FA(ポジフィルム)

レンズ  : 不明

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「22km以上続く白い砂浜のケーブルビーチ」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「22km以上続く白い砂浜のケーブルビーチ」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

 

インド洋に面した白い砂浜

西オーストラリアのブルームの町の近くにあるにある砂浜・ケーブルビーチです。インド洋に面した22km以上にわたる砂浜は、白い砂がどこまでも続く素敵な場所です。

海は遠浅で、干潮時の浅瀬に出来る薄く張った水たまりは、透明の水と白い砂で鏡面のようになり、美しい風景を見せてくれます。昼間は海水浴客で賑わいますが、朝と夕方は人も少なく、歩いているだけで幸せな気分になれる所なんです。

西向きに砂浜があり、夕焼けがとても素晴らしいケーブルビーチに、コンロを持って行ってコーヒーを湧かし、夕陽が落ちるまでビーチを楽しんだものいい思い出です。

 

ラクダ体験は夕景が見れる時間がおすすめ

ケーブルビーチはラクダに乗って歩くことガ出来ることでも有名ですが、干潮時に水が鏡面のようになった所を歩くのは本当に絵になります。

ラクダのツアーは早朝と夕方、夕方のちょっと前に行われていますが、料金は夕焼けが見れる一番いい時間帯のツアーが一番高いです。高いといっても、5~10A$程度の差なので、時間に余裕があれば夕景が見れるツアーがおすすめですね。

 

色々楽しみながら過ごせるビーチ

3月から10月の乾期の間、満月の日に「月の階段」という自然現象を見る事も出来ます。また時間があれば、一級品のビーチで泳ぎながら過ごすのも、普通の観光とは違って楽しめると思います。

ボーッと海を眺めても、彼女と手をつないで歩いても、泳ぎながら1日を過ごしても、ラクダに乗って観光をしても、何をしても満足するケーブルビーチです。

 

ケーブルビーチの場所

 

関連する写真素材

大磯港と漁船
大桟橋から見るサンセットタイムのみなとみらい
かなとこ雲がかかるみなとみらい地区'
亀老山展望公園・パノラマ展望台からの風景
東急東横線・綱島〜大倉山間の鉄橋
日本のエアーズロックと呼ばれる古座の一枚岩
ページのトップへ戻る