Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> 商用無料で使えるフリー写真素材を掲載しながら、豆知識的なことや撮影場所の紹介をブログを書いています! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 1872枚
INFO 2022年4月19日:登録写真が1,800枚になりました。 2022年3月7日:登録写真が1,700枚になりました。
BLOG

ハイイログマ(アッシナボイン・パーク動物園)のフリー写真素材(無料画像)

【無料写真素材】ハイイログマ(アッシナボイン・パーク動物園)

場所   : カナダ マニトバ州

撮影年度 : 2000

サイズ  : 2400 x 1627 ピクセル

カメラ  : コンパクトカメラ または 不明(ネガフィルム)

レンズ  : -

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「ハイイログマ(アッシナボイン・パーク動物園)」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「ハイイログマ(アッシナボイン・パーク動物園)」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

はじめに

カナダのウィニペグの街にあるアッシナボイン・パーク動物園でみたハイイログマの写真です。英名ではグリズリーベアーとも呼ばれるヒグマの亜種です。

こちらの「ハイイログマ(アッシナボイン・パーク動物園)」の写真は、2000年に撮影した古い写真ですが、無料で使えるフリー写真素材です。何かの際に是非お役立て下さい。

 

絶景!

ハイイログマ

ハイイログマはヒグマの亜種で北アメリカが生息地。生息域は以前よりも減少しており、カナダ西武、アメリカ北西部、アラスカに生息しています。

英名ではグリズリーベアーと呼ばれますが、日本のヒグマとほぼ同じ大きさです。食性は雑食性で、シカなどの草食獣を食べたり、サケなどの魚、松の実などの植物も食べます

 

絶景!

くまのプーさんゆかりの地として知られるアッシナボイン・パーク動物園

カナダ・マニトバ州にあるアッシナボイン・パーク動物園は、観光客で賑わう人気動物園です。

現在はホッキョクグマの展示が大人気なのですが、私の行った頃は「くまのプーさん」のゆかりの地として人気がありました。

ウイニペグに住む軍人さんが、母親のいない子熊を引き取り育てはじめました。その話を元に書かれた童話が「くまのプーさん」で、世界中で人気となったのです。

そのモデルとなったクマのウィニーと軍人案の銅像があるのがアッシナボイン・パーク動物園だったのです。写真のクマはハイイログマですが、プーさんはアメリカクロクマですけれどね。

 

絶景!

大迫力のホッキョクグマの展示が大人気

私が訪れた2000年にはまだ無かったのですが、2014年に新しい展示施設が出来てさらに人気が高まりました。

新しい展示施設は「Journey to Churchill(チャーチルへの旅)」と呼ばれ、マニトバ州北部に生息する動物たちを飼育しています。

ホッキョクグマ、ゼニガタアザラシ、ジャコウウシ、ホッキョクギツネ、トナカイ、シロフクロウを飼育していますが、水中観察トンネルがあるホッキョクグマの展示が特に人気です。

日本の水族館の水の中のトンネルを想像してもらえると分かりやすいです。頭上のトンネルでホッキョクグマが泳ぐので迫力あります!

 

絶景!

写真を撮影した「アッシナボイン・パーク動物園」の場所はこちら

関連する写真素材

ページのトップへ戻る