Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> 商用無料で使えるフリー写真素材を掲載しながら、豆知識的なことや撮影場所の紹介をブログを書いています! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 2012枚
INFO 2022年7月1日:ダウンロードランキングのページを作りました。 2022年6月3日:登録写真が1,900枚になりました。
BLOG

【無料写真素材】東急東横線の綱島駅のサイン(看板)

場所   : 神奈川県 横浜市 港北区

撮影年度 : 2020

サイズ  : 2400 x 1785 ピクセル

カメラ  : ASUS ZenFone6

レンズ  : -

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「東急東横線の綱島駅のサイン(看板)」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「東急東横線の綱島駅のサイン(看板)」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

はじめに

東急電鉄東横線の綱島駅のサインの写真です。新しくなった駅ビル「エトモ綱島」の西口側に表示されているものです。

こちらの「東急東横線の綱島駅のサイン(看板)」の写真は無料で使えるフリー写真素材です。気に入りましたら是非お役立て下さい。

 

絶景!

単独駅なのに利用客の多い綱島駅

私がよく利用していた駅の一つが綱島駅です。周辺に住宅地が広がりバスの発着も多いため乗降客がとても多い駅です。

基本的に1980年代から横ばいの乗降人員ですが、1日の平均乗降人員は10万人前後で推移しています。(2020年度はコロナによって大幅に下回りましたが)

この利用客数は東急線の青葉台駅よりも多く、乗り換え駅でもない単独の駅としては東急線の中で最も利用客があるのです。

 

絶景!

駅周辺に平地が続く地形

温泉歓楽街として発展した綱島駅ですが、青葉台駅よりも多くの利用客が利用しているのは、平地がずっと続く地形で周辺に住宅が多いからなのかなと思います。

地元の話ばかりで恐縮ですが、横浜って実は山が多いんです。平地は川沿いだけで後は山や丘。造成して山が家になったところも多いですが、基本的にわずかな平地や山の間の谷戸に住んでいるんです。

しかし綱島一帯は平坦な場所で開けている!日本の中の関東平野みたいなイメージです。比較的駅から近い所に家やマンションを建てやすく、通勤もしやすいんです。

ある程度遠くでもお客が見込めるためバスが発達していたり、平地なので自転車で駅まで通勤することもとても盛んです。青葉台に比べ津呂、圧倒的に徒歩や自転車の利用者が多いんですよ。

私もかなり多くの駐輪場があるにも関わらず、駐輪場を借りるのに7ヶ月待ちました・・。住んでいる人が多いから、利用客が多いというわけですね。

 

絶景!

駅周辺はミニ繁華街

温泉歓楽街として発展してきた綱島は駅周辺も賑やか。大きな建物もあまりなく、小さなビルに小さな店が入っており、昭和感も少し残る町です。

駅ビルこそ新しくなりましたが、駅周辺は昔ながらの道のままで再開発されていない味わいが良い感じです。

道路を渡ってイトーヨーカドー側へ行くと少し違った雰囲気にはなりますが、なんとなく雑然としているのが綱島の良さのひとつかなと。

2023年度3月に開業予定の東急新横浜線で、綱島駅から100mほどの所にの新綱島駅が出来るので、はたして綱島がどのように変貌していくのか、それもまた楽しみですね。

 

絶景!

綱島駅の場所はこちら

関連する写真素材

ページのトップへ戻る