Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> 商用無料で使えるフリー写真素材を掲載しながら、豆知識的なことや撮影場所の紹介をブログを書いています! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 2153枚
INFO 2022年8月2日:登録写真が2,100枚になりました。 2022年7月4日:登録写真が2,000枚になりました。
BLOG

お雑煮のフリー写真素材(無料画像)

【無料写真素材】お雑煮

場所   : -

撮影年度 : 2017

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : Canon EOS 5D MarkⅢ

レンズ  : Canon EF28-70mm F2.8L USM

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「お雑煮」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「お雑煮」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

はじめに

あけましておめでとうございます。日本各地でお正月に食べるお雑煮の写真です。お雑煮は地方地方によってまったく具材などが違いますよね。

写真のお雑煮は私の実家のお雑煮スタイルですが、元々が農家だったからか、冬にとれる里芋や大根くらいしか入っていないシンプルなお雑煮です。

茶色く彩りが今一歩なのですが、私には一番しっくりくるお雑煮です。

こちらの「お雑煮」の写真は無料で使えるフリー写真素材です。何かの際に是非お役立て下さい。

 

吹き出し

地域によって様々なバリエーションがあるお雑煮

お正月に食べるお雑煮は、餅がはいった日本料理です。地域によって具材は様々ですが、主役のお餅も2つの種類があるんです。

すごいざっくりですが、東日本は角餅を入れ、西日本は丸餅を入れます。お雑煮発祥の地である京都の食文化の影響を受けた地域は丸餅を使ってお雑煮を作るのです。

私の家は関東なので角餅を使いますが、結婚や引っ越しなどで地域を離れないと他の地域のお雑煮は食べないので、なかなか他の地域のお雑煮を見ることはないですよね。

また、餅を煮る地域、焼いた餅を入れる地域の違いもあります。これは角餅の地域でも、丸餅の地域でも、場所によって変わってきます。私の家は焼いた餅を入れる地域です。

さらに、味付けも東日本と西日本で大きく違います。東日本はすまし(しょうゆ)仕立て、西日本は味噌仕立てが多いです。

その上、具材は地域性に富んでいます。ダシの取り方も地域性がでて面白いんですよ。

結婚によってそれぞれの地域のお雑煮がミックスされていく場合もあるので、同じ地域でも1軒1軒別のお雑煮なんてこともあるのも面白いですよね。

 

食べ物のフリー画像

お雑煮以外のお料理の写真はこちらで見れますので、もしよろしければご覧ください。またフリー画像ですので、何かの際に是非使ってみてくださいね。

関連する写真素材

ページのトップへ戻る