Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 604枚
INFO 2020年9月26日:登録写真が600枚になりました。
2020年9月17日:写真検索に加え、記事検索が出来るようになりました
2020年7月1日:検索が速度アップしました。
BLOG

横浜の外人墓地のフリー写真素材(無料)

【無料写真素材】横浜の外人墓地

場所   : 横浜

撮影年度 : 2008

サイズ  : 2000 x 1500 ピクセル

カメラ  : Canon PowerShot G3

レンズ  : -

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「横浜の外人墓地」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「横浜の外人墓地」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

港の見える丘公園からすぐの場所にある外人墓地の写真です。PowerShot G3というコンデジで撮っています。今のカメラのような発色や解像感はありませんが、なんとなく外国のポストカードのようですね。こちらの横浜の外人墓地の写真はの写真は無料で使えるフリー画像です。是非お役立て下さい。

 

募金公開の日に墓地の中を見学できます

横浜の外人墓地は、普段は中に入ることが出来ませんが、土・日・祝日の12時〜16時まで、維持管理のための300円程度の募金をすると、敷地内を見学することが出来ます。

10分程度で回れるコースには、歴史に残る人達のお墓も見ることができ、とても有意義な時間を過ごすことが出来ます。

時間は限られていますが、土・日・祝日なら行きやすい方も多いと思います。横浜在住の方でもあまり墓地内に入った事のない方も多いと思います。もし行ったことがなければ楽しめると思いますのでおすすめです。

募金公開予定はこちらで確認できます。

 

PowerShot G3のこと

この横浜・外人墓地は、2008年にキヤノン・PowerShot G3というコンパクトデジカメで撮ったものです。天気が今一歩で写りは暗いのですが、PowerShot G3はコンパクトデジカメでついにここまで撮れるようになったのかと感動した機種でもありました。

今の機種とはやはり画質は劣りますが、微妙に甘い所がまたいいような気がしますね(笑)この機種はオートフォーカスの精度を高めたからか、フォーカスが非常に遅く批判されていました。

たしかに景色以外は難しいものがありましたが、持ち運びやすい大きさだっただめ、この頃はPowerShot G3ばかりで撮っていた気がします。

 

外人墓地をの写真を撮影した場所とクチコミ

外人墓地の場所になります。

 

 

撮影ポイントマップ

このブログで写真を撮った場所をGoogle Mapにマッピングしました。ポイントをクリックするとURLが表示され、どんな写真が撮れる場所か詳細ページを見ることができます。

 


関連する写真素材

横浜山下公園の赤い靴はいてた女の子の像
ブルーライトアップされた神奈川県庁本庁舎(キング)
山下公園のライトアップされた水の守護神像
横浜らしい風景が見れる、横浜港シンボルタワー
昼間の横浜赤レンガ倉庫2号館・バルコニー側
象の鼻パークから見た大桟橋と飛鳥II
ページのトップへ戻る