Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 1354枚
INFO 2021年9月1日:登録写真が1,300枚になりました。 2021年7月25日:登録写真が1,200枚になりました。
BLOG

鶴見川0kmポストのフリー画像(無料写真素材)

【無料写真素材】鶴見川0kmポスト

場所   : 神奈川県 横浜市 鶴見区

撮影年度 : 2008

サイズ  : 1600 x 2400 ピクセル

カメラ  : Canon PowerShot G9

レンズ  : -

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「鶴見川0kmポスト」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「鶴見川0kmポスト」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

鶴見川の河口にある0kmポストの写真です。中途半端な場所にあって不思議に感じますが鶴見川の起点として立っている標識です。

こちらの「鶴見川0kmポスト」の写真は無料で使えるフリー写真素材です。何かの際に是非お役立て下さい。

 

おすすめ!

鶴見川0kmポストは埋立地との境界線?

鶴見川0kmポストは鶴見川左岸のJR鶴見線と首都高速神奈川1号横羽線の間にあります。

川はまだ続いているので、鶴見川0kmポストはとても中途半端な場所にあるように感じますが、ここより南側は埋立地になっています。

地図で見ると分かりやすいのですが、鶴見川0kmポストの対岸の北側は昔ながらの住宅街が広がっていますが、南側は埋立理に大きな施設が建ち並んでいます。

ここに決めた本当の理由は定かではありませんが、対岸の地形を見ると、ここが本来の河口と決められたのだろうなと思います。

現場の雰囲気では本当に中途半端な場所なのですが、地図を見るとナルホドと思えますね。

 

いいね!

鶴見川が現在の海とぶつかる場所は末広水際線プロムナード

鶴見川河口0kmポストより先も鶴見川が続いていますが、目で見た時に河口らしき場所は鶴見川河口末広水際線プロムナードで見る事が出来ます。

地図上での海らしき場所(大きな運河)と鶴見川との合流地点です。

他の場所は工場などになって入れないので鶴見川0kmポストの先の鶴見川を見たい方は是非いってみてください。

 

おすすめ!

0kmポストと末広水際線プロムナードの間の鶴見川が見れる場所

鶴見川河口0kmポストと末広水際線プロムナードの間の鶴見川が見れる場所もあります。ほとんど工場で入れないのですが、下の地図の場所から眺めることは出来ます。あまり面白くはないですけどね。画質荒いですが参考程度に写真ものせておきます。

 

機材

「鶴見川0kmポスト」の写真を撮影したカメラはキヤノン PowerShot G9

「鶴見川0kmポスト」の写真は、2007年発売のキヤノンのコンパクトデジカメPowerShot G9というカメラで撮影しました(G9Xとは違います)。写りのいいコンデジが正統進化したモデルでした。

 

撮影ポイントマップ

このブログで写真を撮った場所をGoogle Mapにマッピングしました。ポイントをクリックするとURLが表示され、どんな写真が撮れる場所か詳細ページを見ることができます。

 

関連する写真素材

ページのトップへ戻る