Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 600枚
INFO 2020年9月26日:登録写真が600枚になりました。
2020年9月17日:写真検索に加え、記事検索が出来るようになりました
2020年7月1日:検索が速度アップしました。
BLOG

日本を代表する花のひとつ・椿(ツバキ)のフリー写真素材

【無料写真素材】日本を代表する花のひとつ・椿(ツバキ)

場所   :

撮影年度 : 2015

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : Canon EOS 40D

レンズ  : Canon EF24mm F2.8 IS USM

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

日本代表する花木と呼ぶにふさわしい椿(ツバキ)の花

昔から庶民に親しまれている椿の花の写真です。散歩をしているといろいろな花を見かけるようになりましたが、昔ながらの日本を感じることが出来る椿(ツバキ)のような花もいいですよね!

この椿の花言葉は、「控えめな優しさ」
赤い椿は「控えめな素晴らしさ」「気取らない優美さ」「謙虚な美徳」。
ピンクは「控えめな美」「控えめな愛」「慎み深い」。
白は「完全なる美しさ」「申し分のない魅力」「至上の愛らしさ」です。

赤系の花言葉は、日本人の美徳や価値観を表しているようですね!

 

椿(ツバキ)の特徴

日本を代表するかのような椿は、日本原産の植物で、開花期は12月〜4月です。写真を撮ったのは5月に入ってからなのですが、一般的には冬から春にかけて花を咲かせます。光沢のある緑色の厚い葉も特徴です。

 

椿(ツバキ)と山茶花(サザンカ)の違い

似ていると言われているサザンカとの見分け方は、一般的には下記のように言われていますが、ツバキとサザンカの交雑種など多種多様な品種のあるので見分けが難しいものもあるようですので参考まで。

椿(ツバキ) 山茶花(サザンカ)
花の形 筒状で立体的 薄く平面的
開花期 12〜4月頃 10〜12月頃
花の落ち方 丸ごと落ちる 花弁ごとに落ちる
葉の大きさ 5〜12cm 3〜7cm
葉のふち ギザギザが浅い ギザギザが深い
葉の裏 毛が少ない 毛が多い

 

「日本を代表する花のひとつ・椿(ツバキ)」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「日本を代表する花のひとつ・椿(ツバキ)」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

関連する写真素材

ピンク色のセンニチコウ(千日紅)
西方寺に咲く黄色い彼岸花 リコリス・オーレア
'西方寺のピンク色の彼岸花(リコリス)
西方寺の白い彼岸花(曼珠沙華)
ハスの花とハナバチ
西方寺で撮影した赤い彼岸花(曼珠沙華)の花
ページのトップへ戻る