Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 1354枚
INFO 2021年9月1日:登録写真が1,300枚になりました。 2021年7月25日:登録写真が1,200枚になりました。
BLOG

源頼家の墓のフリー画像(無料写真素材)

【無料写真素材】源頼家の墓

場所   : 静岡県 伊豆市

撮影年度 : 2021

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : Fuji X-S10

レンズ  : Fuji XF16-55mmF2.8 R LM WR

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「源頼家の墓」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「源頼家の墓」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

修善寺にある源頼家の墓の写真です。鎌倉幕府の2代将軍である源頼家は、悲運の将軍としても知られています。

こちらの「源頼家の墓」の写真は無料で使えるフリー写真素材です。何かの際に是非お役立て下さい。

 

おすすめ!

権力争いに巻き込まれた悲運の将軍・源頼家

源頼家は、鎌倉幕府を開いた源頼朝と北条政子の嫡男として1182年に誕生しました。

待望の後継者として祝福された源頼家は、源頼朝が急死した後に18歳で家督を相続し、鎌倉幕府の2代将軍となりました。

しかし将軍という地位に就いたものの、有力御家人による「十三人の合議制」がしかれ、合議制に反対した源頼家は権力を奪われはじめます。

源頼家に仕える者達も指定され、トップの座にいつにも関わらず決定権もなく干された状態になってしまいました・・・。

そんな中源頼朝の代からの側近であった梶原景時が、御家人66名の弾劾にあって鎌倉から追放。源頼家は景時を救えず、この事件をきっかけに最終的には将軍職から追放されてしまいます。

源頼家があっという間に権力の座から落とされてしまいました。これは頼家自身の能力不足というよりは、鎌倉幕府成立に寄与した武士達の不満や、権力争いが凄まじかったということでしょう。

最終的に源頼家は伊豆の修禅寺に幽閉され暗殺されてしまいます。18歳に将軍に上り詰め、満21歳の若さで生涯を閉じました。

 

機材

「源頼家の墓」の写真を撮影したカメラはフジフィルム X-S10

「源頼家の墓」の写真は、2020年12月発売のフジフィルムのデジタルミラーレスカメラ、X-S10で撮影しました。ボディー内手ぶれ補正があるため、レンズを問わず夜景にも強いカメラです。APS-Cサイズのセンサーで小型軽量なのも魅力です。

 

他にも!

修善寺で撮影したフリー画像

修善寺で撮影した写真です。フリー画像にしてますので、修善寺の写真をお探しならこちらも是非ご覧ください。

 

場所!

写真を撮影した源頼家の墓はこちらです

 

撮影ポイントマップ

このブログで写真を撮った場所をGoogle Mapにマッピングしました。ポイントをクリックするとURLが表示され、どんな写真が撮れる場所か詳細ページを見ることができます。

 

関連する写真素材

ページのトップへ戻る