Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> 商用無料で使えるフリー写真素材を掲載しながら、豆知識的なことや撮影場所の紹介をブログを書いています! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 1853枚
INFO 2022年4月19日:登録写真が1,800枚になりました。 2022年3月7日:登録写真が1,700枚になりました。
BLOG

慶州の瞻星台(チョムソンデ)のフリー画像(無料写真素材)

【無料写真素材】慶州の瞻星台(チョムソンデ)

場所   : 韓国

撮影年度 : 1998

サイズ  : 1606 x 2400 ピクセル

カメラ  : Nikon FE または FA(ネガフィルム)

レンズ  : 不明

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「慶州の瞻星台(チョムソンデ)」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「慶州の瞻星台(チョムソンデ)」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

はじめに

韓国・慶州市にある瞻星台(チョムソンデ)の写真です。韓国内では新羅時代に建造された東洋最古の天文台遺跡と言われています。

写真は1998年に撮影したものですので、周囲の柵など雰囲気が変わっていますが、こちらの「慶州の瞻星台(チョムソンデ)」の写真は無料で使えるフリー写真素材です。何かの際に是非お役立て下さい。

 

絶景!

天文観測に使われた東洋最古の天文台

瞻星台(チョムソンデ)は、花崗岩で組まれている高さ9.108mの建築物です。洋梨のように下がゆるやかに太くなっている姿をしており、地上部分が4.98mの直径に対し、上部は2.85mほどで、窄まった形をしています。

作られた年代や目的は正確には分かっていませんが、新羅時代に作られ天文観測のために作られたのではないかとされており、農業の時期をきめるためだという説や、国家のための占星術に使っていたという説などがあります。

実際に石の数や段数が、1年や四季を表す個数だったり、頂上部の四角が東西南北の方位にぴったりになっています。石の数も天文や季節にまつわる数字で構成されているのが面白いです。

慶州の歴史遺跡区域内にある名所の一つで世界遺産の構成資産になっています。

 

絶景!

瞻星台(チョムソンデ)の場所はこちらです

関連する写真素材

ページのトップへ戻る